blog rin life

Just another WordPress site

未分類

『ライアの祈り』と不妊。雑感。

投稿日:

『ライアの祈り』と不妊。雑感。

観返した。2015年夏以来2度目。

以下ネタバレあり。

雰囲気はいいのだ。だから見返したのだと思う。

観返して、気がついたこともある。再確認ともいうべきか。

当時は若く、特に気に留めていなかったが。

 この映画では、「不妊」がひとつのテーマになっており、「人間にとって一番大切なことはなにか」という問いも投げかけられる。

 それへのひとつの答えが、「族長」による「子孫を残すこと」という答えであったのである。

 それに対し、鈴木杏樹(登場人物名でなく演者名で記す)は悩み、作品としてなにか別の答えが出されるのではないかとか、私は、期待して作品を観る。

 ひとつには、鈴木杏樹の母は、「孫の顔を見せるとかいう親孝行はする必要がない。あなたが生まれてきたことだけで、私は一生分の幸せを得たのだから」という。が、結局、子を産む(生まれる)ことに究極的な価値を置いて語ることから脱しておらず、その答えは、残酷ではなかろうかと思う。

 ふたつには、ラストで、宇梶剛士は、「人間に大切なのは、子孫を残すこともそうだけど、未来になにかを残すことだと思う。そのやり方は人それぞれにあって、、、」みたいなこともいうけれど、それ以上詳述されない。不満だけれども、そんなに悪くないアプローチだと思ったので、小説版をkindleで買って、斜め読みしてみた。

 「子を産む」「子孫を残す」ことが人間の究極価値だという命題に原作者はどう論駁するのか、ということを知りたくて。


 そこで驚愕したのだ。

 なんと、ラストシーンで、鈴木杏樹に奇跡的に子供ができてハッピーエンドという幕引きで、それが感動的に演出されているのだ(!)。

 なんたることか、「子を産むことが人間の一番大切なこと」という命題に挑戦するどころか、それを追認して終わるとは。

 この小説を読んでいた、そして救いを期待していた不妊に悩む人はどう思うのだろうか。

 というか、作品として、なんら別の価値を示さないという姿勢はどうなのか。小説のレヴューはそんなに悪くなかったのが驚きだ。

 大学のレポートなら、落第ではなかろうか。まあ、大学のレポートではないのだ。哲学の部分がぐだぐだでも、読者を惹きつける魅力があるならそれでもいいかもしれない。

 いや、しかしびっくりした。作者はどういうつもりでこの作品を書いたのだろうか。

 映画では、流石におかしいと監督も考えたのか、最後に子供を授かる場面は採用されていなかったが。いやはや。

 まあ、しかし、小説版は飛ばし読みしただけなので、文句はこのくらいにしておこうか。

-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アファーマティブアクションの正当性

マイケル・サンデルの『これからの「正義」の話をしよう』を読み、今まで、自分の中で正当性、あるいは非正当性についての検討が不十分だったものが、一応の決着を見たように感じられたので、その論理について覚書として、残しておく。

鬼束ちひろ『蛍』と時間性。そして作品解釈へ〜〜辻恵『放課後の少女たち』、『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』、『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』、『Carol (キャロル)』、『Thelma & Louise (テルマ&ルイーズ)』、『The Hours (めぐりあう時間たち)』〜〜

鬼束ちひろ『蛍』と時間性。そして作品解釈へ〜〜辻恵『放課後の少女たち』、『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』、『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』、『Carol (キャロル)』、『Thelma & Louise (テルマ&ルイーズ)』、『The Hours (めぐりあう時間たち)』〜〜

試論〜ジャニー氏の痕跡は消すべきか、キャンセルカルチャー、仁藤夢乃パロディAV〜

試論〜ジャニー氏の痕跡は消すべきか、キャンセルカルチャー、仁藤夢乃パロディAV〜 試論。  試みとして考えてみる。(具体的性被害者が許す場合、かつ個人主義的保護法益を重視する立場によると)「ジャニーズ …

no image

アントロポゾフィー医学と現代西洋医学の違い

rin 2020.12.29 序論  本稿の目的は、アントロポゾフィー医学の特徴、特に一般の医学(西洋現代医学)とどのように異なるのか述べることである。 そのために、アントロポゾフィー医学の根本ともい …

「男→女」「女→男」「男→男」「女→女」類型による性被害の評価の差異化の正当性

「男→女」「女→男」「男→男」「女→女」類型による性被害の評価の差異化の正当性